MENU

脂質異常症の食事について知りたい!

『脂質異常症』という病気を聞いたことがありますか?

 

脂質異常症とは、
血液中の脂質の割合が『異常』であることを言います。

 

具体的には、コレステロールの量で判断しています。

 

コレステロールとは脂質の一種で、細胞膜の原料ともなっている、
生きていく上でなくてはならない成分でもあります。

 

コレステロールは、『悪玉コレステロール』と
『善玉コレステロール』に分けられるのですが、

 

最近は食事の偏りなどから
『悪玉コレステロール』の高い人が増えています。

 

つまり、『脂質異常症』の人も年々増加傾向にあるのです。

 

脂質異常症とは、『悪玉コレステロール140mg/dl以上』
『善玉コレステロール40mg/dl以下』
『トリグリセライド血症(中性脂肪)150mg/dl以上』の
いずれかに当てはまる人のことを言います。

 

一般的に、悪玉コレステロールの多い人は
中性脂肪も多い傾向にあるようです。

 

脂質異常症の改善には、生活習慣、
特に食事を見直すことが重要になります。

 

では、脂質異常症の人はどのような食事をすれば良いのでしょうか。

 

簡単に言えば、『太らないような食事』を心掛ければ良いのです。

 

腹八分目を意識し、食事はバランスよく摂るようにします。
肉より魚や大豆製品を食べ、コレステロールの高い食品は控えます。

 

アルコールやお菓子、スイーツ、油を使ったものも控えた方が良いでしょう。
これらを控えるだけではなく、食物繊維をしっかりと補いましょう。

 

食物繊維はコレステロールを排出する働きがあるので、
脂質異常症の人はぜひ積極的に摂りたい栄養素なのです。

 

次のページでは、コレステロールが下がると人気のサプリメントをご紹介します。