MENU

コレステロールが高い人はldl・hdlコレステロールの基準値をチェックしよう

最近、メディアなどでも
コレステロールの話はたびたび耳にします。

 

コレステロールが高いと動脈硬化の原因になるとも言われているので、
仕方のないことなのかもしれません。

 

しかし、コレステロールは目に見えるものではありませんから、
自分のコレステロール値が高いのか低いのかなんて分かりませんよね。

 

コレステロールの値を知るためには、血液検査をすることです。

 

もともとコレステロールは体内で作ることが出来る物質なので、
検査は空腹時に行いましょう。

 

食事のあとだと、食品によって摂取したコレステロールも
含まれてしまうので、正確な値が出なくなるのです。

 

コレステロールが高いと言われるのは、
一般的には『ldlコレステロール』のことを言います。

 

ldlコレステロールは体の至るところに
コレステロールを運んでくれるのですが、
ありすぎると動脈硬化の原因となります。

 

一方、余分なコレステロールを排出する働きのある
『hdlコレステロール』もあります。

 

では、一般的に『コレステロールが高い』と
言われる基準値について説明したいと思います。

 

まずldlコレステロールは『140mg/dl以上』、
hdlコレステロールは『40mg/dl未満』、
これら2つを合わせた総コレステロール量が『220mg/dl以上』の
いずれかに該当する場合を、『高脂血症』と呼んでいます。

 

欧米化した偏った食事や喫煙、油の摂りすぎなどは
すべてコレステロールが高くなる原因になります。

 

コレステロールが高いと言われた人は、
まずは生活習慣から見直してみるのが良いでしょう。

 

次のページでは、コレステロールが下がると人気のサプリメントをご紹介します。