MENU

ldlコレステロールの高い食品はどれ?

生活習慣病のひとつでもある『動脈硬化』を
引き起こす原因になるとも言われている『コレステロール』ですが、
コレステロールそのものは悪いものではありません。

 

むしろコレステロールは体にとって必要なものなのです。

 

しかし、コレステロールが動脈硬化の
原因になることも事実です。

 

動脈硬化の原因となるのは『ldlコレステロール』という
悪玉コレステロールのことなのです。

 

コレステロールは体内でも作られますが、
食品にも含まれています。

 

ldlコレステロールの値が高めだと指摘された人や、
健康が気になる人は『ldlコレステロールの高い食品』を
控えるようにすると良いと思います。

 

どんなものにコレステロールは多く含まれているのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

 

ldlコレステロールが高いのは、
レバー・チーズ・うなぎ・塩辛・卵・するめ・魚卵・
ウインナー・バター・カレールー・ケーキ・クリームパン・
カップラーメン・肉まん、などがあります。

 

いろいろなものがありますよね。

 

上記の食品を見て、何か共通点があることに
気づいた人もいるのではないでしょうか。

 

ldlコレステロールの高い食品は、『太りやすいもの』
『脂っこいもの』『塩分の多いもの』が多いです。

 

これらはコレステロールだけでなく、
糖尿病などの『生活習慣病』や『肥満』の原因となるものばかりです。

 

このようなldlコレステロールの高い食品を摂るときは、
海藻や豆類、根菜など食物繊維の多いものと一緒に摂ると良いでしょう。

 

次のページでは、コレステロールが下がると人気のサプリメントをご紹介します。