MENU

コレステロールを下げる食品はどれ?

健康診断などで『コレステロールの値が高め』だと
言われたことはありませんか?

 

コレステロールが高い、と言われた場合、
対象となるコレステロールは『ldlコレステロール』、
通称『悪玉コレステロール』になります。

 

ldlコレステロールが高いと、
動脈硬化の原因になると言われています。

 

コレステロールの値を下げるには
薬を使うという方法もありますが、
毎日の『食事』を見直すことでも可能です。

 

コレステロールを下げる食品には、
どのようなものがあるのでしょうか。

 

なんとなく『コレステロールの高い食品』の話はよく聞きますが、
『コレステロールを下げる食品』の話はあまり聞きません。

 

しかし、コレステロールを下げる食品は
意外とたくさんあるものです。

 

まず良いのは『えごま油』です。

 

えごま油に含まれる『αリノレン酸』という成分が
善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを
減らすことが出来ます。

 

えごま油は加熱すると酸化してしまう性質があるので、
できるだけ生のまま食べましょう。

 

サラダにかけたりパスタをあえたりするのに使うと良いですね。

 

海のミルクと呼ばれている『牡蠣』も、
コレステロールを下げるのには効果的です。

 

牡蠣は人が必要とするほぼ全ての栄養素を含んでいる、
とても栄養価の高い食品なのです。

 

中でも『タウリン』の含有量は魚介の中でもトップクラスです。

 

タウリンはコレステロールから胆汁酸を合成・排泄する働きを促してくれます。
そのため、血中のコレステロール値を下げることが出来るのです。

 

また、悪玉コレステロールを減らして
善玉コレステロールを増やしてくれる食品には『青魚』があります。

 

中でも優秀なのが『イワシ』です。

 

ドコサヘキサエンサン(DHA)や
エイコサペンタエンサン(EPA)が豊富で、
これらは血中のコレステロールを溶かす働きがあるのです。

 

このように、コレステロールを下げる食品はたくさんあります。
日頃からコレステロールが高めの人は、このような食品を積極的に摂るようにしてみましょう。

 

次のページでは、コレステロールが下がると人気のサプリメントをご紹介します。