MENU

悪玉コレステロールを下げる食事が知りたい!

『悪玉コレステロール』とは、
ldlコレステロールのことを言います。

 

悪玉、というとなんとなく『体に不要なもの』
『体に悪影響を与えるもの』というイメージがあると思います。

 

しかし、悪玉コレステロールは、体の各所に必要な
コレステロールを運ぶという重要な任務を担っています。

 

つまり、悪玉コレステロールは、わたしたちが生きていくために
なくてはならない大切なものでもあるのです。

 

そんなに大切なものなのに、
どうして『悪玉』と言われてしまうのでしょうか。

 

それは、ldlコレステロールが血液の流れによって
コレステロールを運んでいるからです。

 

必要以上にldlコレステロールがあると、
余った分が血管の内壁にへばりついてしまうのです。

 

これが動脈硬化の原因となるため、『悪玉』と呼ばれているのです。

 

悪玉コレステロールは本来体に必要なものですが、
過剰にありすぎるのは健康を害することになるのです。

 

現代の食生活は欧米化していて、
コレステロールを過剰に摂取している人が多いです。

 

悪玉コレステロールを下げるには、どのような食事をしたら良いのでしょうか。

 

まず、現代人は『カロリーの摂取量が多すぎる』傾向にあります。
悪玉コレステロールを減らすには、カロリーを減らすことが大切です。

 

しかし、ただカロリーを減らせば良いというわけではありません。
食事はバランスが重要なので、

 

『炭水化物:脂質:タンパク質=3:1:1』になるようにします。

 

脂質は動物性のものより植物性のものを、
タンパク質は魚や豆腐などから摂るのがおすすめです。

 

肉が食べたいときは、焼く・揚げるといった油を使う調理法ではなく、
茹でる・蒸すなどの油を使わない調理法を用いましょう。

 

また、食物繊維はコレステロールを排出する働きがあるので、
積極的に摂りたいものでもあります。

 

悪玉コレステロールを下げるには、
バランスのよい食事・食物繊維の多いメニューを意識してみましょう。

 

次のページでは、コレステロールが下がると人気のサプリメントをご紹介します。