MENU

コレステロールとは?

『コレステロール』を知っていますか?

 

健康診断などの項目にもなっているので、
みなさん聞いたことはあると思います。

 

ところで、『コレステロール』と聞くと
どのようなイメージがありますか?

 

なんとなく健康に悪いもの、というイメージを
持っている人が多いのではないかと思います。

 

しかし、コレステロールは
必ずしも健康に悪いものではありません。

 

コレステロールが何なのか、ということについて、
今回は説明したいと思います。

 

コレステロールはわたしたちの細胞を覆っている膜を
作るために必要な要素で、脂質の一種です。

 

なんとなく悪いイメージのあるコレステロールですが、
実はわたしたちが生きていく上で欠かせないものでもあるのです。

 

コレステロールは体内でも生成されていて、
1日1000〜1500mgが必要だと言われています。

 

そのうちの3分の2を体内生成で、
残りの3分の1を食品から補うことになります。

 

コレステロールは体全体に存在していて、
『細胞膜の原料』や『ビタミンDの合成』に関わっています。

 

ビタミンDは心身の活力を高める『副腎皮質ホルモン』や
脂質の消化を助ける『胆汁酸』の分泌を促すとても重要なビタミンです。

 

つまり、コレステロールはなくてはならないものなのです。

 

しかし、『コレステロールが健康に悪い』という
イメージがあるのも事実です。

 

コレステロールには『ldlコレステロール』と
『hdlコレステロール』の二種類があります。

 

ldlコレステロールは体の各所に必要なコレステロールを
運んでいるのですが、これが多すぎると血管にへばりつき、
『動脈硬化』の原因になると言われているのです。

 

そのため、『コレステロールは健康に悪い』という
イメージが植え付けられてしまっている、というわけです。

 

次のページでは、コレステロールが下がると人気のサプリメントをご紹介します。